ファインシステマデザイン

注文住宅の建築で失敗しないために

ファインシステマデザインは、機能性とデザインを融合したおしゃれで明るい住まいを作ります。

プロジェクトチーム体制で家づくり

ファインシステマデザインでは、ひとつの物件に何人かのプロで専属チームを組み、家づくりに取り組みます。

チームは一級建築士、デザイナー、インテリアコーディネーター、営業、企画など3~4名で編成され、施主と一緒に設計プランから練り上げていきます。スタッフは全てファインシステマデザインの社員なので安心。
施主とプロジェクトチームとのミーティングは入念に何回も行い、設計からアフターメンテナンスまでひとつのチームがサポートする体制です。

チームを組むことで、施主の要望を十分に引き出しカタチにすることができるという自信が感じられます。これは、とても新しいユニークなスタイルだと思います。

機能性とデザインの融合

ファインシステマデザインでは、住まいにおける「機能性」と「デザイン」は相反する事柄ではなく、「機能が充実してこそデザインが光る」という考え。

機能性とデザインの融合をはかった家づくりを提案しています。
施行例を拝見すると、自然の光を大きく取り入れた、明るい住宅が多いと感じました。施工例はホームページ上で床面積ごとに公開されていますし、外観からトイレに至るまでのカテゴリー別フォトギャラリーも公開、見るだけでも楽しく、住まいづくりの夢がひろがります。

また、ファインシステマデザインでは、国が定めた安心基準をクリアした「長期優良住宅」の設計も可能です。
国の「長期優良住宅」の認定をうけると、住宅ローンの軽減や税の優待など、さまざまなメリットがあります。

デザイン住宅業者の選び方