ワンズライフホーム

注文住宅の建築で失敗しないために

ワンズライフホームは、施主の希望にマッチした設計士を紹介し、直接施工で建築を進めることで、品質を保ちつつ費用も抑えることに成功している工務店です。

直接施工で人件費を抑える

ワンズライフホームにデザイン住宅の建設を依頼する一番のメリットは、「直接施工」で費用を軽減できる点にあります。

ハウスメーカーで一般的なのは、メーカーの下請け会社が工事監督を請け負い、そのたびに職人を雇って施工する方法。これだと、人件費やマージンなどの費用が余分にかかってしまい、金銭的にはマイナスです。

その点ワンズライフホームでは、現場監督は同社の社員、職人は「一生会」と呼ばれる協力業者のメンバーが、すべての物件を受け持つシステムになっています。そのため、余分な人件費を節約することができます。また、担当設計士が現場をチェックするので、工事ミスも起こりにくく、安心です。

ただ、デザインの融通がどこまで利くかについては確認が必要です。これは一般論ですが、工務店に依頼した場合、直接施工まで行うので、現場の利益率を上げるために設計を変更し、作業工程の効率化をはかることを提案されることが時々あるそうです。

デザインを決定するまでに納得いくまで話し合うこと。そして着工後は、施工のプロセスや費用に変更のないよう、施主側でもよく進捗を把握すること。この2点を心に留めておきましょう。

登録されている中から最適な設計士を紹介

工務店から一歩進化したスタイルで住宅を手掛けているワンズライフホーム社では、外部事務所から同社に登録している建築設計士の中から、施主の希望に近いデザイン実績のあるパートナーを選び、紹介してもらう「建築家紹介制」を取り入れています。

施主と建築家をコーディネイトするのは、担当の「ハウジングディレクター」が対応。時間をかけてヒアリングをした後、最適と思われる候補者を選んでくれます。打ち合わせが進む中で違和感を感じたら、建築家を変えてもらうことも可能。どんどん自分の意見を出してディスカッションができる、風通しの良いシステムです。

ハウジングディレクターは、初回の打ち合わせから引き渡しまで、一貫して同じ方が対応するとのこと。困った時に頼りになる、スペシャリストと施主を結ぶ仲介役として、柔軟に対応してもらえそうです。これも、ワンズライフホームに依頼するメリットといえそうです。

建築設計会社10社の比較ランキングへ

デザイン住宅業者の選び方