デザイン住宅業者の比較ランキング

注文住宅の建築で失敗しないために

私たちはホームページや資料請求で届く資料などをもとに、デザイン住宅を手がける多くの会社を検討しました。ここでは、その中から最終候補に選んだ10社を比較。ランキングにまとめています。

各社の資料を取り寄せてみました

注文住宅の建築設計会社を選ぶ主なポイントは、技術や実績、建築費用などです。そして、これらの情報をホームページやパンフレットなどできちんと公開している会社は、それだけ信頼度も高いといえます。

そこで、私たちは各社にデザイン住宅の資料を請求。その内容と、資料が届いたあとのフォローも確認しました。比較表では、ホームページの情報や資料の充実度をもとに各社をランク付けしています。皆さんも参考にしてみてください。

【第1位】『フリーダムアーキテクツデザイン』
http://www.freedom.co.jp/

■対応エリア:関東(東京都内中心)、関西(神戸市・大阪市中心)、
中部(名古屋市中区栄が中心) etc

ホームページの充実度
フリーダム 実績の情報 年平均100棟近い施工実績の主な事例を、ホームページで紹介している。紹介ページには外装、内装の画像がふんだんに使われていて、イメージをつかみやすい。 A
費用の情報 それぞれの施工事例ページで、建築費の総額と坪単価、また費用の細かい内訳も公開している。その他、デザイン住宅建設にかかる大まかな費用を説明したコンテンツも用意。 A
その他の特徴 豊富な施工事例の紹介や、住宅建築の流れの解説、大まかな費用の説明など情報量はかなりのもの。会社設立の裏話や施主さんの経験談などを視聴できる『FREEDOM TV』という映像コンテンツもある。
レイアウトもすっきりまとまっていて閲覧しやすい。
A
資料の情報の充実度
会社案内の冊子と施工例の紹介DVD、近日開催される住宅完成見学会の案内など充実した内容。冊子は画像を豊富に取り入れたデザインで、自由な設計や資金計画、施工事例などの情報がわかりやすくまとめられている。
資料の請求後はメールでのフォローがこまやかで、親しみやすい印象。
A

資料請求はこちらから

【第2位】『ベルクハウス』
http://www.berk.co.jp/

■対応エリア:東京など関東全域

ホームページの充実度
ベルクハウス 実績の情報 施工事例紹介やお客様の声など、参考になる情報が豊富。ただ、施工事例に文字の説明が少なく、コンセプト等が明確にされていないのが残念。 A
費用の情報 FAQページに平均的な坪単価や費用に関する説明あり。 B
その他の特徴 スタッフがコンペ方式に関する情報を公開する『コンペブログ』はリアリティがあり、読み物としても面白い。タイトルのレイアウトは整理されている。 A
資料の情報の充実度
会社案内と施工事例のカラーコピー。コピー資料は工法や素材のことまで細かく説明されている。資料の到着後にメールでの連絡もあり、フォローもしっかりしていると感じた。 B

資料請求はこちらから

【第3位】『アイシーエー・アソシエイツ』
http://www.icaa.jp/

■対応エリア:東京など関東全域

ホームページの充実度
アイシーエー・アソシエイツ 実績の情報 2004年以降の施工例が年ごとに分けて紹介されている。画像が中心でイメージはつかみやすいが、コンセプトなどの説明はほとんどなし。 B
費用の情報 坪単価48万円での設計を約束する『48fph』というプランを用意しており、ホームページで詳しく説明されている。費用の総額や内訳などの情報は記載ナシ。 B
その他の特徴 ホームページの構成はシンプルだが、土地探しから建築プランを立てる『TOCHI TABI』の紹介や、『スタッフダイアリー』など楽しい雰囲気のコンテンツが用意されている。 A
資料の情報の充実度
ポストカードを綴ったようなパンフレットに、専用の便箋に書かれた手書きの手紙と、手作り感があふれている。パンフレットの情報は会社のコンセプトと施工事例が中心。小ぶりだが工夫が凝らされている。資料とあわせて届いた丁寧な挨拶メールも良かった。 B

資料請求はこちらから

【第4位】『設計集団プラス』

■対応エリア:東京など関東全域

ホームページの充実度
設計集団プラス 実績の情報 施工事例とショールームを紹介。施工事例は、モダンや和風などのコンセプトごとに分けられていて便利。設計データや仕様を紹介するデータ欄も用意されているが、記入されているのは一部の施工事例のみ。 B
費用の情報 施工事例のデータ欄に坪単価の項目もあるも未記入。 C
その他の特徴 シンプルなレイアウトで閲覧しやすい。スタッフブログなど、情報もそれなりに充実している。 B
資料の情報の充実度
会社紹介とデザイン住宅のカタログが数冊、建築後のアフターサポートに関するパンフレットが一枚という内容。住宅のカタログはコンセプトがわかりやすく説明されていて、読み物としても楽しめる。資料の到着後にメールでの連絡もあり。 A

【第5位】『プロスタイルデザイン』
http://www.prostyle-design.com/index.shtml

■対応エリア:東京など関東全域

ホームページの充実度
プロスタイルデザイン 実績の情報 これまでの施工事例だけでなく、現在進行中のデザイン住宅の完成予定図(CG)も掲載されている。 A
費用の情報 ホームページ内に詳しい情報はなし C
その他の特徴 個性的な社長のブログは内容が多彩で面白い。同社が輸入販売を行っている、世界の衣食住アイテムの販売ページもあり。 B
資料の情報の充実度
会社のパンフレットに施工事例のカタログが2冊、インテリア用品のパンフレットなど内容は豊富。読みやすく、デザインのクオリティも高い。 A

資料請求はこちらから

【第6位】『エス・バイ・エル』
http://www.sxl.co.jp/

■対応エリア:大阪など関西全域

ホームページの充実度
エス・バイ・エル 実績の情報 施工事例は「外観」や「インテリア」、「ライフスタイル」などさまざまな角度から検索できる。ただ、他と比べると掲載件数は少なめといった印象。 B
費用の情報 ホームページ内に詳しい情報はなし C
その他の特徴 いろいろな情報が凝縮されていて充実度は高い。ただ、レイアウト的に“無造作に詰め込まれている”印象。 B
資料の情報の充実度
会社のパンフレットに、注文住宅や戸建住宅のパンフレットが数冊。参考資料としては充実していて良いのだが、すべてB4サイズ。 B

資料請求はこちらから

【第7位】『ウィズ・ワン』
http://www.with1.co.jp/

■対応エリア:東京など関東全域

ホームページの充実度
ウィズ・ワン 実績の情報 2件のモデルハウスの情報を掲載。外観・内装の画像と、サイズは小さいが設計図も公開している。 B
費用の情報 ホームページ内に詳しい情報はなし C
その他の特徴 フラッシュを駆使した凝ったつくりが特徴だが、ページが表示されるまでの時間が長くイライラするかも。ブログの内容が充実していて、プラン構築の参考になる。 B
資料の情報の充実度
住宅デザインのカタログ『with one QUALITY METHOD』とパンフレット。豪華な装丁のカタログは、素材と住宅設計のコンセプトをしっかり説明した内容で、読みごたえがある。資料請求後にメールと電話の両方で連絡があったことから、対応もしっかりしていると感じた。 A

資料請求はこちらから

【第8位】『Sturdy Style』
sturdy-style.com/

■対応エリア:埼玉県、千葉県

ホームページの充実度
Sturdy Style 実績の情報 外装、内装の豊富な画像で施工事例を紹介している。紹介画面のコンセプト説明が独特。 B
費用の情報 ホームページに詳しい情報なし。 C
その他の特徴 フラッシュを多用したカラフルなサイト。遊び心のあるサイトだが、操作性は良くない。会社のコンセプトをイメージした映像コンテンツなどもあり、内容はそこそこ充実している。 B
資料の情報の充実度
フリーペーパーのような手作り感のあるパンフレット。施工事例とデザイナー紹介が中心で、こちらにも費用の情報はなし。 B

資料請求はこちらから

【第9位】『ワンズライフホーム』
http://www.oneslife-home.com/

■対応エリア:東京など関東全域

ホームページの充実度
ワンズライフホーム 実績の情報 「お客様の感想」のページで、主な施工事例と入居者の声を紹介。紹介数は少なめ。 C
費用の情報 ホームページに詳しい情報なし。 C
その他の特徴 どちらかといえば、施工事例よりも素材や工法の情報が豊富。 B
資料の情報の充実度
世田谷・三鷹のギャラリーの紹介や、施工事例などのパンフレットが数枚。大よその建築費用をまとめた資金計画書が同封されているのは◎。 C

資料請求はこちらから

【第10位】『APOLLO』
http://www.kurosakisatoshi.com/

■対応エリア:東京など関東全域

ホームページの充実度
APOLLO 実績の情報 注文住宅からアパート、オフィスまで施工事例は豊富に公開している。 B
費用の情報 ホームページに詳しい情報なし。 C
その他の特徴 施工事例以外のホームページの情報は少ない。他に知りたい情報があれば、実際に問い合わせてみる必要あり。 C
資料の情報の充実度
会社のパンフレットに、施工事例が印刷されたポストカードが数枚とこちらもシンプル。資料到着後に、簡単なメールでの連絡あり。 C

『フリーダムアーキテクツデザイン』を1位に選んだ理由

私たち家族が『フリーダムアーキテクツデザイン』を選んだのは、他の会社があまり出していない情報もホームページで詳しく公開していることから、信頼できる会社だと思ったからです。

企業理念、サービス内容、施工例などとともに、坪単価や建築費用の内訳などを確認できます。

施主側として気になるのは、デザインと費用の兼ねあい。思い描いたデザインをできるだけ実現したい、でも、どこまで願いが叶うかは予算次第です。また、住宅建築に関する情報を集めていたとき、予算オーバーのプランになっていることに気づかないまま建築が進んでしまい、想定していた以上の費用がかかったという事例を見て不安もありました。

その点で、費用の情報もしっかり公開している『フリーダムアーキテクツデザイン』なら、トラブルの心配はないと思ったのです。

根気強い提案で理想のマイホームを形に

実際に相談してみて、その判断は間違っていなかったと思いました。

打ち合わせでは、まず担当の設計士の方が、どんな家にしたいかのイメージや要望をヒアリング。そして次の訪問時に、その内容をもとに作成された間取りと、大体どれくらい予算がかかるかを記した「資金計画書」をいただきました。

費用と理想のデザインのバランスをギリギリまで突き詰めて計画書を練ってくださったとのことで、私たちが提示した予算のなかで、希望をどれだけ実現できるかが具体的にわかりました。

その後、設計士の方と何度も打ち合わせを重ねました。子どもの成長に合わせて間取りを調節できるプランは、1度あきらめかけたのですが、粘り強くいろいろな方法を提案していただいた結果、少し時間はかかりましたが、最終的に予算内で納得いくデザインを固めることができたのです。

掃除しやすいエントランス、開放的なリビング、窓から光が差し込む風通しのよいキッチン。そして、子どもの成長に合わせて間取りも工夫できるマイホーム。細かいところまで理想にかなった設計に、私たちはとても満足しています。

『フリーダムアーキテクツデザイン』にデザイン住宅の設計を相談してみる

デザイン住宅業者の選び方