キッチンの間取りを決めるコツ

注文住宅の建築で失敗しないために

デザイン住宅の間取りを決める際に悩みどころになるキッチンを、便利なスペースにするためのコツを紹介します。

デザイン住宅の中でも重視したいキッチンの間取り

キッチンは、デザイン住宅の間取りを決める上でも重要なところですよね。さまざまなスタイルや、利便性を重視した間取りについてまとめました。ぜひ参考にしてください。

●オープンキッチンかクローズドキッチンか
まずはキッチンのスタイルを決めましょう。CMやドラマでよく見るオシャレなオープンキッチンにするか、定番のクローズドキッチンにするか…悩みどころですよね。

ダイニングとの仕切りが無く、開放的なスタイルのオープンキッチンはホームパーティーで大活躍。普段の生活でも、キッチンに立ちながらも食卓にいる家族とのコミュニケーションが取ることができる、あたたかな空間になります。デメリットと言えば、仕切りが無いのでキッチンが常に丸見えということでしょうか。お客さんが来たときに慌てないように、常にキレイにしたいですね。

クローズドキッチンはプライベート性が高く、冷蔵庫に家族へのメモを貼ったり、よく使う調味料や調理器具でごちゃごちゃしていたり…と、お客さんに見られるとちょっと恥ずかしいものがあってもあまり気になりません。また、ダイニングに雰囲気を合わせるオープンキッチンと違い、キッチン内だけの模様替えを楽しむことができます。

●動線を工夫して便利に
動線の配置が、キッチンの利便性に影響を与えます。

オススメは「ワークトライアングル」と呼ばれる動線の配置。冷蔵庫・シンク・コンロを結ぶ動線が三角形を描くように配置し、それぞれ辺の長さを1.2m~1.8m程度にするというもの。これが最も動きやすい距離なんだとか。

広すぎるキッチンでも作業効率が落ちてしまうし、狭すぎるキッチンでも不便ですよね。ワークトライアングルを考慮した上でキッチンの間取りを決めるなら、コの字型とⅡ型がベスト。その他の間取りにする場合は、冷蔵庫の場所を工夫すると便利になるでしょう。

この他にも、ゴミ箱や収納の位置も便利なキッチンにするために大事なポイントとなります。ゴミ箱はキッチンの奥には置かず、クローズドならキッチンの入り口、オープンならダイニング寄りの場所へ置きましょう。他の部屋のゴミも捨てやすいですし、ゴミ出しの距離を縮めることができます。収納は動線に合わせて、よく使うものを取り出しやすい配置にし、整理整頓も工夫したいですね。

デザイン住宅業者の選び方