リビングの間取りを決めるコツ

デザイン住宅は、オリジナルの間取りを考えるという大変な側面もあります。そこで、リビングの間取りを決めるコツについて紹介します。

リビングの間取りを決めるコツ

デザイン住宅に限らず、住まいの中心として重要な役割を果たすリビング。リビングの間取りによって家族間のコミュニケーションに影響が出ることも少なくありません。

快適なリビングを実現するためには、間取りを決める際に次のような点に配慮して考えてみましょう。

●リビングをつくる階を決める
リビングを1階につくるか、2階につくるかによって当然ながら差が出てきます。最近では日照りや風通しを確保しやすいというメリットから、2階に設置する家庭が多くなりました。

2階にリビングをつくる場合、階段の上り下りが大変になるという側面もあります。来客の際は常に1階まで行く必要がありますし、買い物の荷物などを運ぶ場合は大変になることも予想されます。デメリットも併せて考慮した間取りづくりが大切です。

●テレビを置く位置を想像する
家族が集まるスペースとして重要な役割を果たすリビングですが、同時にテレビを見るためのスペースとしても機能することが多い場所です。テレビの配置も間取りを決める際のポイントになることがあります。

リビングの入り口をなる部分を決め、テレビや配線、ソファーの位置などを想像して間取りづくりの参考にしましょう。開口部が2ヶ所以上あるような場合は、テレビを角に設置することで快適な間取りづくりのヒントを見つけることができます。

●リビングとダイニングの配置を考慮する
リビングをダイニングと一緒にするのか、それとも別々のスペースとして独立させるのかどうかも間取りを決める際のポイントになります。これによってキッチンの間取りも影響を受けるので、じっくり考えてみるとよいでしょう。

リビングとダイニングを一緒にする場合は、10~12帖の広さが一般的です。広々としたリビングを満喫したい人は15帖程度あるのが理想的でしょう。

リビング付近の収納についても併せて検討しておきましょう。備え付けの家具をうまく設置することで、快適なリビングを実現することにつながります。

デザイン住宅業者の選び方